Daito Manabe + Satoshi Horii phenomena

mutek.org

これのアーカイブをシアター上映していたので見てきました。いやーよかったです。ただパルスやアクセントに合わせて映像を動かすのではなく、素材となっているCGの形状、動き、カメラワークに必然性があり、音楽の印象を増幅させているようでした。

max summer school 2019でとても印象に残っている講義がありました。Jean-Marc Pelletier先生によるjitterの講義で、「黒い平面状を光点がランダムに移動するが、移動に連動して音も自動生成させたい。どのようにすれば良いか」という課題を扱ったものでした。

文化的背景が共通でなくても上に行くと高い音、下に行くと低い音という挙動に人は安心感・納得感を覚えるとか、ただ上下を正確に音に反映すると蚊の羽音のような不快なものになるから細かい挙動はフィルタリングするとか、そういった「音と映像の必然性のある関係を考える」というのがひとつのトピックで、これが僕はすごく印象に残ってました。

このアーカイブでみたVJはまさにそんな必然性のある映像だったなーと。説明するのは難しいんですが、不定期なパキンパキンとしたパルスに合わせて尖った宝石のようなオブジェクトが勢いよく突き刺さる。流れるようなシンセの音と、しなやかな女性の肩を思わせるワイヤーフレームがマリアージュする。などなど。低音と連動する箱は画面下部に、高音の箱は上部に配置される。

映像に必然性があると音楽への没入感が段違いですね。これは面白かったなあ。


mutekアーカイブが面白かったので週末のこれも見ました。

これも面白かった。配信内で紹介されたm4lデバイス、試してみよう。

cclab.sfc.keio.ac.jp